日々是総合政策

日々是総合政策とは

 総合政策の基本的な考え方や日々の暮らしの中で考えたことや各々の研究成果などを、当フォーラムの理事を中心に中高生にも分かるように執筆する短い随筆欄です。
 中高生の皆さんが、いま暮らしている社会の一員として、どのような「より良い社会」をめざそうとするかで、皆さんが大切にしている社会も変わってきます。私たちは、日々、「より良い社会」をめざし、また自分の中にいる多様な自分を制御して自分なりの「より良い自分」をめざし暮らしています。この点で、私たちは日々総合政策を実践しているのです。
 身近の中高生や若者と一緒に、また日々総合政策を長年にわたり実践してこられた高齢の方々と一緒に、自分が大切にしている社会を「より良い社会」にするために、私たち一人ひとりが何ができるかを考える素材として、ここに掲載される小文が役立つよう願っています。
 なお、各小文は記名執筆者の個人的見解であり、その記述内容は各執筆者が責任を負うものです。

(執筆:横山彰)

No.1. パレート改善と外部性  (執筆:横山彰代表理事)

No.2. マレーシアの「ワワサン2020」 (執筆:谷口洋志理事)

No.3. 問題解決を目指すデータ分析を行うために (執筆:後藤大策理事)

No.4. 開発途上国 その1  (執筆:池上宗信理事)

No.5. 人口減少のンパクト  (執筆:中澤克佳理事)

No.6. 民主主義のソーシャルデザイン: 公職選挙法の改正 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.7. 1人1票と1円1票  (執筆:横山彰代表理事)

No.8. ハエ取りコンクール (執筆:元杉昭男顧問)

No.9. 地方創生への道 (執筆:岸真清特別研究員)

No.10. 中国は先進国か? (執筆:谷口洋志理事)

No.11. 多文化共生を考えよう(上) (執筆:平嶋彰英顧問)

No.12. 家計の電力消費量を減らすには (執筆:後藤大策理事)

No.13 高等教育無償化と地方私大の公営化(上)(執筆:片桐正俊顧問)

No.14 国民一人あたり年間所得と国民の幸せ (執筆:池上宗信理事)

No.15 多文化共生を考えよう(下) (執筆:平嶋彰英顧問)

No.16 人口減少のインパクト(2):地域別の人口減少 (執筆:中澤克佳理事)

No.17 高等教育無償化と地方私大の公営化(下) (執筆:片桐正俊顧問)

No.18 スウェーデンは高負担国家か? (執筆:馬場義久特別研究員)

No.19 民主主義のソーシャルデザイン:亥年の選挙イヤー (執筆:矢尾板俊平理事)

No.20 多様な判断基準 (執筆:横山彰代表理事)

No.21 クラウドファンディングの役割 (執筆:岸真清特別研究員)

No.22 評価の合理性と客観性を疑う (執筆:谷口洋志理事)

No.23 気候変動を受け入れない人々を説得するには (執筆:後藤大策理事)

No.24 トランプ大統領の公約と財政面から見た真実(上) (執筆:片桐正俊顧問)

No.25 経済成長 (執筆:池上宗信理事)

No.26 人口減少のインパクト(3):地域別の人口減少(2) (執筆:中澤克佳理事)

No.27 累進所得税(1) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.28 民主主義のソーシャルデザイン:ちばでもプロジェクト (執筆:矢尾板俊平理事)

No.29 スポーツと地方創生~平成の日本サッカーの変化を振り返る(上) (執筆:平嶋彰英顧問)

No.30 トランプ大統領の公約と財政面から見た真実(下) (執筆:片桐正俊顧問)

No.31 国の財政と地方の財政 (執筆:堀場勇夫顧問)

No.32 緑の人と青い人 (執筆:横山彰代表理事)

No.33 サーベル行政  (執筆:元杉昭男顧問)

No.34 金融規制の緩和と強化 (執筆:岸真清特別研究員 )

No.35 すべてを疑え (執筆:谷口洋志理事)

No.36 スポーツと地方創生~平成の日本サッカーの変化を振り返る(下)Jリーグ編 (執筆:平嶋彰英顧問)

No.37 経済成長(続き) (執筆:池上宗信理事)

No.38 広がる低学齢期の教育格差 (執筆:田中宏樹客員研究員)

No.39 人口減少のインパクト(4):地域別の人口減少(3)(執筆:中澤克佳理事)

No.40 民主主義のソーシャルデザイン:「#みんなで投票に行こうよ」 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.41 累進所得税(2) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.42 医療制度改革の方向を考える (執筆:安部雅仁客員研究員)

No.43 事実を直視する (執筆:岸真清特別研究員)

No.44 税について考えましょう (執筆:林宏昭客員研究員)

No.45 政策の外部性をどう解決するか (執筆:横山彰代表理事)

No.46 何のために働くか? (執筆:渡部美紀子客員研究員)

No.47 日本的論理を疑う(1) (執筆:谷口洋志理事)

No.48 生涯所得基準と消費税の逆進性 (執筆:馬場特別研究員)

No.49 大阪はどう変わるのか(上) (執筆:奥井克美客員研究員)

No.50 経済成長(続き) (執筆:池上宗信理事)

No.51 水戸黄門民主主義 (執筆:元杉昭男顧問)

No.52 変わり行く日本の雇用システム (執筆:小﨑敏男客員研究員)

No.53 民主主義のソーシャルデザイン:政権のレガシーづくり (執筆:矢尾板俊平理事)

No.54 大阪はどう変わるのか(下) (執筆:奥井克美客員研究員)

No.55 『論語』と「論点整理マップ」(1) (執筆:椎橋一樹研究員)

No.56 正規雇用の定着には総合的な政策で (執筆:矢口和宏客員研究員)

No.57 反知性主義VS.大学教育? (執筆:山内勇人研究員)

No.58 位置づけ・意味づけ・秩序づけ (執筆:横山彰代表理事)

No.59 県民経済計算の充実を (執筆:林正義客員研究員)

No.60 人口減少時代の中で起きている都心への人口集中(執筆:金子邦博上席研究員)

No.61 日本的論理を疑う(2) (執筆:谷口洋志理事)

No.62 行政事業レビューとEBPM(上) (執筆:飯島大邦客員研究員)

No.63 経済成長(続き) (執筆:池上宗信理事)

No.64 人口減少のインパクト(5):人口減少の要因 (執筆:中澤克佳理事)

No.65 カツ丼文化論 (執筆:元杉昭男顧問)

No.66 民主主義のソーシャルデザイン:どのように決めるのか? (執筆:矢尾板俊平理事)

No.67 行政事業レビューとEBPM(下) (執筆:飯島大邦客員研究員)

No.68 中国の株式型クラウドファンディング (執筆:岸真清特別研究員)

No.69 「ノー・チャンス・マダム」(上) (執筆:杉浦未希子客員研究員)

No.70 予防医療(上) (執筆:安部雅仁客員研究員)

No.71 累進所得税のタイプ(1) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.72 代議制民主主義:半代表と純粋代表 (執筆:横山彰代表理事)

No.73 対IBM政策にみる総合政策 (執筆:小林仁研究員)

No.74 日本的論理を疑う(3) (執筆:谷口洋志理事)

No.75 政府間関係にとらわれない日韓関係の構築を(上) (執筆:深田有子研究員)

No.76 公共政策における文脈 (武智秀之客員研究員)

No.77 「ノー・チャンス・マダム」(下) (執筆:杉浦未希子客員研究員)

No.78 産業構造 (執筆:池上宗信理事)

No.79 人口減少のインパクト(6):合計特殊出生率(1) (執筆:中澤克佳理事)

No.80 美しい誤解 (執筆:元杉昭男顧問)

No.81 民主主義のソーシャルデザイン:「共助」の仕組みと「小さな」デモクラシー (執筆:矢尾板俊平理事)

No.82 政府間関係にとらわれない日韓関係の構築を(下) (執筆:深田有子研究員)

No.83 「信用乗車」の公共政策(上) (執筆:薮田雅弘客員研究員)

No.84 自治体の多様性とリサイクル政策 (執筆:松本茂)

No.85 累進所得税のタイプ(2) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.86 大学研究所が核となる地域振興・地方創生に思う:先端研と鶴岡サイエンスパーク (執筆:小澤太郎客員研究員)

No.87 「これは国家公務員倫理法で受取れません!」 (執筆:元杉昭男顧問)

No.88 代議制民主主義:投票と棄権 (執筆:横山彰代表理事)

No.89 「信用乗車」の公共政策(下) (執筆:薮田雅弘客員研究員)

No.90 相手の立場に立って考える(1) (執筆:谷口洋志理事)

No.91 地方創生の現場から(上) (執筆:鷲見英司客員研究員)

No.92 予防医療(下) (執筆:安部雅仁客員研究員)

No.93 産業構造2 (執筆:池上宗信理事)

No.94 「公」に対応すべきこと:東京2020と公共交通機関の多言語対応から考える (執筆:川瀬晃弘客員研究員)

No.95 “It’s the economy, stupid!” (執筆:Yong Yoon特別研究員)

No.96 民主主義のソーシャルデザイン:権力の源泉 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.97 地方創生の現場から(下) (執筆:鷲見英司客員研究員)

No.98 精神的備蓄-黒川和美先生の思い出- (執筆:元杉昭男顧問)

No.99 累進性・逆進性と税収の安定性 (執筆:馬場義久特別研究員)

No.100 日々是総合政策100回を記念して (執筆:横山彰代表理事)

No.101 ふるさと納税について思っていること (執筆:平嶋彰英顧問)

No.102 うそと真実 (執筆:渡部美紀子客員研究員)

No.103 相手の立場に立って考える(2) (執筆:谷口洋志理事)

No.104 孤立した母親への支援について考える (執筆:仁科薫客員研究員)

No.105 産業構造3 (執筆:池上宗信理事)

No.106 民主主義のソーシャルデザイン:自分ゴトの政策変更 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.107 デカップリング (執筆:元杉昭男顧問)

No.108 リゾート開発の公共政策:ボラカイ島の場合(上) (執筆:薮田雅弘客員研究員)

No.109 累進所得税と低所得者支援(1) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.110 リゾート開発の公共政策:ボラカイ島の場合(中) (執筆:薮田雅弘客員研究員)

No.111 It’s the GSOMIA, stupid! (執筆:Yong Yoon特別研究員)

No.112 2020年元旦 (執筆:横山彰代表理事)

No.113 世界にはびこる不正義を許せるか(1):狂った正義 (執筆 谷口洋志理事)

No.114 リゾート開発の公共政策:ボラカイ島の場合(下) (執筆:薮田雅弘客員研究員)

No.115 産業構造4 (執筆:池上宗信理事)

No.116 人口減少のインパクト(7):合計特殊出生率(2) (執筆:中澤克佳理事)

No.117 民主主義のソーシャルデザイン:米国大統領選挙2020 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.118 年金ボランティア (執筆:元杉昭男顧問)

No.119 大阪都構想は望ましいのか (執筆:奥井克美客員研究員)

No.120 累進所得税と低所得者支援(2) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.121 再分配政策(1):最悪の事態に対する備えとしての社会保障制度 (執筆:横山彰代表理事)

No.122 世界にはびこる不正義を許せるか(2):被害者と被害の権利と存在が無視される日本 (執筆 谷口洋志理事)

No.123 都区財政調整制度は必要なのか (執筆:奥井克美客員研究員)

No.124 教科書をはみだした「現代社会」の話 (執筆:中里透客員研究員)

No.125 大阪都構想と公共選択論(上) (執筆:奥井克美客員研究員)

No.126 民主主義のソーシャルデザイン:リスクとクライシスのマネジメント(1) (執筆:矢尾板俊平理事)

No.127 大阪都構想と公共選択論(下) (執筆:奥井克美客員研究員)

No.128 民主主義のソーシャルデザイン:リスクとクライシスのマネジメント(2) (執筆:矢尾板俊平理事)

No.129 累進所得税と低所得者支援(3) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.130 再分配政策(2):政府の再分配政策と個人の私的動機づけ (執筆:横山彰代表理事)

No.131 世界にはびこる不正義を許せるか(3):「加害者にやさしい国 日本」 (執筆:谷口洋志理事)

No.132 忖度-棚田百選- (執筆:元杉昭男顧問)

No.133 民主主義のソーシャルデザイン:危機時のリーダーシップ (執筆:矢尾板俊平理事)

No.134 通勤から見る東京一極集中の変化 (執筆:宮下量久客員研究員)

No.135 新型コロナウイルス感染症拡大に関する情報について (執筆:横山彰代表理事)

No.136 何も学ばない日本 (執筆:谷口洋志理事)

No.137 感染性疾患の医療経済学(上)(執筆:安部雅仁客員研究員)

No.138 新型コロナウイルスに対峙するデジタル社会 (執筆:岸真清特別研究員)

No.139 新型コロナと国の政策(1)(執筆:田代昌孝客員研究員)

No.140 コロナ後の世界(1) パンドラの箱に残されたもの(執筆:矢尾板俊平理事)

No.141 新型コロナと国の政策(2) (執筆:田代昌孝客員研究員)

No.142 スウェーデンのコロナ禍対策(1) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.143 特別定額給付金(上) (執筆:横山彰代表理事)

No.144 感染症データをどのように読むべきか (執筆:谷口洋志理事)

No.145 新型コロナと国の政策(3) (執筆:田代昌孝客員研究員)

No.146 スウェーデンのコロナ禍対策(2)(執筆:馬場義久特別研究員)

No.147 特別定額給付金(下)(執筆:横山彰代表理事)

No.148 コロナ後の世界(2)「移動」からの解放(執筆:矢尾板俊平理事)

No.149 新型コロナと国の政策(4) (執筆:田代昌孝客員研究員)

No.150 新型コロナウイルス感染症対策 (執筆:横山彰代表理事)

No.151 コロナ後の農業・農村 (執筆:元杉昭男顧問)

No.152 コロナ後の世界 (3) 「リモートワーク」が変えること (執筆:矢尾板俊平理事)

No.153 スウェーデンのコロナ禍対策(3) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.154 コロナ禍と不確実性:キッシンジャーの「推測の問題」(執筆:横山彰代表理事)

No.155 テレワークは主流になれるか?(1)(執筆:谷口洋志理事)

No.156 スウェーデンのコロナ禍対策(4)(執筆:馬場義久特別研究員)

No.157 新型コロナウィルス感染拡大世界一の米国の真の病理(上)―基底にある医療保障制度の不備と経済格差の深刻さ― (執筆:片桐正俊顧問)

No.158 新型コロナウイルス感染症対策への提言ノート(1) (執筆:矢尾板俊平理事)

No.159 新型コロナウィルス感染拡大世界一の米国の真の病理(下)―基底にある医療保障制度の不備と経済格差― (執筆:片桐正俊顧問)

No.160 国公法の定年延長規定の適用範囲への疑問(上)(執筆:平嶋彰英顧問)

No.161 新型コロナと国の政策(5)(執筆:田代昌孝客員研究員)

No.162 コロナ感染拡大と隔離 (執筆:横山彰代表理事)

No.163 感染性疾患の医療経済学(下)(執筆:安部雅仁客員研究員)

No.164 ソーシャルビジネスとしての医療・介護 (執筆:岸真清特別研究員)

No.165 国公法の定年延長規定の適用範囲への疑問(下) (執筆:平嶋彰英顧問)

No.166 産業構造5 (執筆:池上宗信理事)

No.167 スウェーデンのコロナ禍対策(5) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.168 新型コロナウイルス感染症対策への提言ノート(2)  (執筆:矢尾板俊平理事)

No.169 自然災害とその復興課題について(1) (執筆:田代昌孝)

No.170 続 コロナ後の農業・農村 (執筆:元杉昭男顧問)

No.171 ポストコロナと「新たな日常」:骨太方針2020 (執筆:横山彰代表理事)

No.172 テレワークは主流になれるか?(2) (執筆:谷口洋志理事)

No.173 国境を越えたテレワークと DX(デジタル・トランスフォーメーション) (執筆:田中廣滋客員研究員)

No.174 Go to 震災遺構、Go to伝承施設 (執筆:矢口和宏客員研究員)

No.175 ふるさと納税泉佐野市訴訟最高裁判決について(上) (執筆:平嶋彰英顧問)

No.176 菅政権の「改革」のエンジンは? (執筆:矢尾板俊平理事)

No.177 ふるさと納税泉佐野市訴訟最高裁判決について(下):林景一裁判官「補足意見」への違和感 (執筆:平嶋彰英)

No.178 新しい社会を構築するESG投資(岸真清特別研究員)

No.179 企業のリスクマネジメント(執筆:渡部美紀子)

No.180 欧州グリーンディールと欧州復興計画 (執筆:横山彰)

No.181 IMFの分析は日米の感染症対策の失敗を示唆する (執筆:谷口洋志理事)

No.182 パンデミックと会計(執筆:渡部美紀子客員研究員)

No.183 スウェーデンのコロナ禍対策(6)(執筆:馬場義久特別研究員)

No.184 大阪都構想住民投票と憲法の首長直接公選制保障 (執筆:平嶋彰英顧問)

No.185 菅政権のアベノミクスが目指すもの (執筆:矢尾板俊平理事)

No.186 オンライン診療(アメリカの動向整理)(執筆:安部雅仁客員研究員)

No.187 新型コロナウイルス感染症の発生状況を調べてみよう (執筆:横山彰代表理事)

No.188 Stay-at-home考(1)(執筆:谷口洋志理事)

No.189 ユーザー視点の行政デジタル革命 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.190 スウェーデンのコロナ禍対策(7) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.191 結婚と離婚、そして緊急事態宣言(上)(執筆:小川光客員研究員)

No.192 いま、何を語るか。(執筆:横山彰代表理事)

No.193 Stay-at-home考(2)(執筆:谷口洋志理事)

No.194 結婚と離婚、そして緊急事態宣言(下) (執筆:小川光客員研究員)

No.195 COVID-19と財政出動 (執筆:小川光客員研究員)

No.196 自然災害とその復興課題について(2)(執筆:田代昌孝客員研究員)

No.197 変化対応と闘争 (執筆:矢尾板俊平理事)

No.198 2021年元旦 (執筆:横山彰代表理事)

No.199 焼き鳥串刺しの話(執筆:元杉昭男顧問)

No.200 日々是総合政策200回を記念して (執筆:谷口洋志理事)

No.201 オンライン診療-カイザー・パーマネンテの事例を参考に(上) (執筆:安部雅仁客員研究員)

No.202 社会保険料の負担(1) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.203 本能寺の変の「謎」(執筆:矢尾板俊平理事)

No.204 いま、何を語るか(続) (執筆:横山彰代表理事)

No.205 なぜ大学は対面授業に踏み切れないか:私論 (執筆:谷口洋志理事)

No.206 社会保険料の負担(2) 勤労世代の社会保険料負担 (執筆:馬場義久特別研究員)

No.207 拡大TPPに掛ける夢(執筆:岸 真清特別研究員)

No.208 自然災害とその復興課題について(3)(執筆:田代昌孝客員研究員)

No.209 人々の行動を重視するESG投資(執筆:岸真清特別研究員)

No.210 民主主義のソーシャルデザイン「若者がもっと気軽に意見を出せる環境を!」(執筆:矢尾板俊平理事)

No.211 “Start with the main point,” (執筆:横山彰代表理事)

No.212 社会保険料の負担(3) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.213 オンライン診療-カイザー・パーマネンテの事例を参考に(下) (執筆:安部雅仁客員研究員)

No.214 東日本大震災から10年 当日のこと (執筆:矢尾板俊平理事)

No.215 コロナ禍と民主主義と日本社会(執筆:元杉昭男顧問)

No.216 社会保険料の負担(4)(執筆:馬場義久特別研究員)

No.217 祝いの言葉(執筆:横山彰代表理事)

No.218 社会保険料の負担(終) (執筆:馬場義久特別研究員)

No.219 選挙戦の様相の変化①-保守分裂選挙-(執筆:矢尾板俊平理事)

No.220 人の選び方(執筆:横山彰代表理事)

No.221 ESG投資と家計(執筆:岸 真清特別研究員)

No.222 対面授業とオンライン授業 (執筆:谷口洋志理事)