12月14日開催 公開研究会 「多文化共生に関する公共・地域の取り組み」のお知らせ

総務省に「多文化共生の推進に関する研究会」が2005年6月に設置されてから、公共・地域の取り組みは14年以上が経過しました。2018年12月には外国人労働者受け入れのための新たな在留資格「特定技能」が創設され、あわせて「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」が策定されるなど、日本における多文化共生をめぐる状況は大きな変化の中にあります。

本研究プロジェクトでは日本の多文化共生の現状や課題を考えるべく、下記の通り公開研究会を行います。皆様のご参加をお持ちいたします。

日 時:2019年12月14日(土) 13:00~15:30

場 所:中央大学多摩キャンパス 11号館4階 11410教室

プログラム

13:00~13:05 開会挨拶 

   横山彰(中央大学名誉教授、総合政策フォーラム代表理事)

13:05~13:40 報告1「日本の地域社会の多様化と多文化共生施策の展開について」

   平嶋彰英 (立教大学特任教授、元総務省自治行政局国際室長、 総合政策フォーラム顧問)

13:40~14:15 報告2「外国人材の受入れと地域における多文化共生の現状等」

   稲原浩(総務省自治行政局国際室長・参事官(国際担当))

14:15~14:50 報告3「一般財団法人自治体国際化協会 多文化共生部の取組について」

   上坊勝則(自治体国際化協会 事務局長)

14:50~15:00 休憩

15:00~15:30 質疑応答・全体討論

参加費:無料

参加申込こちらのフォームより、お申込みください(先着40名)

申込締切:2019年12月9日(月)PM 17:00

問い合わせ:上記申込フォームの自由記述欄にてお願いします。 *返信までお時間をいただく場合があります。予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA